1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. エンベデッド製品 > 
  4. ハードウェア監視ツール(EmbedWare/SysMon)

ハードウェア監視ツール(EmbedWare/SysMon:エンベウェア/シスモン)

概要

ハードウェア監視機構により、システムのトラブルを未然に防ぎます。

  • トラブルを未然に防ぐ予兆監視
  • 万一のトラブル発生時のログ収集

ハードウェア監視ツール EmbedWare/SysMonは、エンベデッド製品のハードウェアの状態を監視するソフトウェアです。
EmbedWare/SysMon SDKを使用してプログラムを作成することにより、多数のハードウェアをサーバから集中監視することもできます。工場などに分散して設置されたハードウェアも一箇所で監視することができます。


特長

  • PFUエンベデッド製品全機種(注1)に対応したシステム監視ツール
  • トラブルを未然に防ぐ予兆監視を実現
  • ログ記録機能によるトラブル発生時の解析支援
  • ウォッチドッグタイマ機能による自動リカバリ
  • SDKによりお客様作成のアプリケーションプログラムからの監視を容易に実現
  • 標準GUIによりアプリケーションプログラムがなくても監視が可能
  • 多数のハードウェアをサーバから集中監視することも可能(注2)
  • (注1)一部カスタム製品を除く
  • (注2)アプリケーションプログラムでの対応が必要

EmbedWare/SysMon Entry

ハードウェアの状態を常に監視するモニタリングソフトウェアです。

本製品は無償で提供しています。
ソフトウェアページより各ハードウェア製品の最新版をダウンロードしてご使用ください。

  • システム情報表示(CPU、メモリ、BIOS情報、など)
  • ハードウェア状態表示
    (温度、電圧、ファン、ハードディスク)
  • 異常発生の通知
  • 異常発生時のシステムシャットダウン
  • ハードウェア監視ログ
  • BIOSイベントログ表示


EmbedWare/SysMon SDK

お客様のプログラムにEmbedWare/SysMon Entryの監視機能を組込むための開発キットです。RAS機能ライブラリ(DLL)により、お客様のアプリケーションへのRAS機能の組込みが容易に実現できます。

  • ハードウェア状態(温度、電圧、ファン、ハードディスク)をアプリケーションで取得するためのAPIの提供

適用事例

駅ホームの行き先表示板に組み込んだ組込みコンピュータの状態を駅構内の制御室から一括して監視することができます。




エンベデッドに関するお問い合わせ