1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. エンベデッド製品 > 
  4. アプリケーション分野 > 
  5. AutoDrive

AutoDrive

将来の交通システム実現に貢献

2020年あるいはその先に向け自動運転技術はめざましく進歩しています。自動車の進歩は当然ながら、それを取り囲む環境、社会インフラに対しても多大な要件が求められています。走行中の自動車がネットワークに接続されるコネクテッドカー、すなわち、自動車と交通インフラとの通信(V2I)、自動車同士の通信(V2V)、総じて自動車と他の何かとの通信(V2X)を行うことで、自動運転をはじめ、自動車交通管制への利用、渋滞緩和、さらには自動車の遠隔操作など、さまざまな自動車利用シーンでメリットが生み出されてきます。一方で、人が乗っている自動車は、命を預かるモノとして、機能安全、セキュリティ技術が最も重要な技術として欠かすことはできません。このような状況の中、自動車/交通インフラ市場から、コネクテッドカー等のための車載コンピュータの高性能化、交通インフラ側での高度な監視・分析、大容量データ管理などが要求されています。

PFUは、ITS(Intelligent Transport System:高度道路交通システム)管理システムの導入、お客様のデータをご利用の環境に最適なコンピュータで分析、解析する技術、AIによる最適処理などの技術で課題を解決し、AutoDrive社会に向けた機器とインフラの準備を行います。


自動運転

  • 運転支援

交通監視・交通管制

  • 高度な監視・分析
  • 大容量記憶データの管理


エンベデッドに関するお問い合わせ