1. ホーム  > 
  2. 製品  > 
  3. DynaEyeシリーズ  > 
  4. DynaEye 10

AIを活用した、新世代OCRソフトウェア

取引先によってレイアウトが異なる帳票を1つの定義で文字認識

読み取り項目を元にAIが位置を自動検出、帳票レイアウトと読取位置の学習により認識精度を向上します。

準定型帳票

かんたん導入、かんたん操作

「DynaEye10 帳票OCR Entry」でデータエントリーの効率化を実現

DynaEye10 帳票OCR Entry
  • かんたん導入

    OCRニーズの高い請求書・注文書・納品書のOCR定義のテンプレートを標準搭載。かんたん・スピーディに業務をはじめることができます。

    かんたん導入
  • かんたん確認・修正

    OCR結果の確認・修正が、見やすい画面でかんたんにできるようになりました。確認作業の進捗状況や、注意が必要な項目などが、ひと目でわかります。

    かんたん確認・修正
  • AIによるレイアウト学習

    読み取り位置を誤ったときに、読み取り位置を正しく指定することで、AIが帳票のレイアウトと読み取り位置を学習。使うたびに認識精度が向上していきます。

    AIによるレイアウト学習

お客様の用途に合わせた製品ラインナップ

現場の方がかんたんに使える「スタンドアロンパッケージ」と既存のソフト・システムに組み込むための「SDK/実行モジュール」を用意

分類 スタンドアロンパッケージ
(PC版)
SDK/実行モジュール
(利用環境に応じて手配)
製品名 DynaEye 10
帳票OCR Entry
DynaEye 10
帳票OCR SDK
DynaEye 10
帳票OCR ランタイム
DynaEye 10
帳票OCR サーバランタイム
適用シーン クライアント(PC)でのデータエントリー業務
【例)経理 : 支払業務】
- クライアントアプリケーションへの組込み サーバ上でのOCR集中処理

帳票OCR Entry 運用イメージ

帳票OCR Entry 運用イメージ

帳票OCR サーバランタイム 運用イメージ

帳票OCR サーバランタイム 運用イメージ