1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. DynaEye > 
  4. DynaEye Pro > 
  5. FAQ > 
  6. FAQ 回答

FAQ(よくあるご質問) 回答

販売終了製品

データ連携に関するご質問

Q1 認識結果をAccess形式に変換出力したあと、Access上でフォームウィザードやレポートウィザード等を使用してフォームやレポートを作ろうとすると、失敗することがあります。
A1 データ変換時には、書式定義でつけたフィールド名がそのままAccessのテーブル上のフィールド名になりますが、そのフィールド名に1バイトカナ文字(俗に言う半角カナ)が使われていると、Accessの制限でフォームウィザード等が使えません。フォームウィザード等を使用したい場合は、書式定義の時にフィールド名に1バイトカナ文字を使わないようにしてください。
Q2 書式定義において、「数字」だけを読み取り対象に設定したフィールドでも、認識データのCSV形式で出力すると、数字にもかかわらずダブルクォテーションが付いてしまいます。
A2 DynaEye Proは、CSV変換する際に、すべてのフィールドをダブルクォテーションで括ります。 これは、認識注意文字として数字以外の文字が出力される場合があるため、数字のみのフィールドであっても、すべての文字が数字であると仮定できないことによります。
Q3 切り出したイメージデータと、同じ帳票のテキストデータとの関連付けは、どのように行なうのでしょうか?
A3 テキストデータの末尾に、切り出したイメージデータのファイル名を列挙して付加します。なお、このファイル名には、パス名は含まれません(イメージデータは、テキストデータと同一フォルダに出力されます)。
Q4 出力形式にAccess97DB形式とありますが、Access2000以降の使用時にはどうなりますか?
A4 V5.0からはAccess2000形式の出力をサポートしましたので、そちらを使用してください。
旧版では、Acess2000以降のDB形式には対応していません。Access97DB形式は、Access2000以降を使って開くことは可能です。ただし、Access2000以降のDB形式に変換を行なった場合は、そのMDBファイルにはDynaEyeから追加出力できません。
Access2000以降を利用する際には、CSV形式に出力したものを読み込むようにしてください。例として、Access2000における操作手順を以下に示します。
  1. ファイルメニューの「外部データの取り込み」-「インポート」を実行する。
  2. DynaEyeから出力したCSVファイルを指定する。
  3. テキストインポートウィザードが起動されます。
  4. データを保存する場所の指定で、新規テーブルに保存するか、既存のテーブルに追加するかを指定することができます。
Q5 データ出力した時に、文字認識フィールドを設定した箇所の部分イメージが出力されません。
A5 書式定義でイメージフィールドを設定してください。文字認識フィールドの部分イメージを切り出すには、そのフィールドにイメージフィールドを重ねて設定してください。
Q6 書式定義でイメージフィールドを設定していますが、データ出力時にその部分イメージが出力されません。
A6 部分イメージを出力するには、認識データ出力ダイアログの「切出しイメージ出力の設定」のチェックボックスをONにしてください。ファイル名の先頭文字(2文字まで)の指定ができますので入力してください。
Q7 両面の帳票を読み取って、表と裏のデータを1枚分として管理したいのですが、どうすればよいでしょうか?
A7 帳票の両面の読み取りをおこなった場合、出力イメージファイルには、
1枚目の表、1枚目の裏、2枚目の表、2枚目の裏、...
という順番で出力されます。1枚の帳票の表と裏は、別々の用紙として認識されます。
DynaEye Proには、表と裏の両面を一続きのデータとして管理する機能は無いため、以下の方法で対応していただくようお願いします。

方法1
表と裏に共通で、かつ用紙毎に一意の番号をプレ印刷し読み取り対象とします。認識結果(CSVファイル)から、この番号が同一のものを、後続のアプリケーションが対応付けます。

方法2
両面読み取りした結果を、順番を変更せずにDynaEyeからCSV出力します。後続のアプリケーションでは、CSVファイルの奇数行目を表、その次の行を対応する裏のページとして、表と裏を対応付けます。(バーチャルスタッカ等で帳票の順番を変えてしまった場合、この方法は取れません。)

方法3
DynaEyeのAPI(コンポーネントキット等)を使い、専用アプリケーションを作成し、アプリケーション内で表と裏のひも付けを行ないます。