1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. DynaEyeシリーズ > 
  4. DynaEye EX > 
  5. バージョン情報

バージョン情報

V3.0リリース

DynaEye EX をバージョンアップしました。V3.0L10での機能強化内容は、以下の通りです。


商品体系の変更

DynaEye EX の商品体系を変更し、以下の4商品としました。お客様の用途にあった商品を選択していただけます。また、価格も見直しました。

  • DynaEye EX V3.0
  • DynaEye EX ランタイム V3.0
  • DynaEye EX Lite V3.0
  • DynaEye EX 同時修正オプション V3.0

詳細は、製品構成/価格のページを参照してください。


QRコード、バーコード読み取り機能の強化

  • QRコードの読み取り機能を新たに追加しました。
  • バーコード読み取り時に、用紙に対して90度、180度、270度回転したものも自動判読可能です。傾いたバーコードの読み取りをサポートしました。バーコードを印字したシールが斜めに貼られた場合も、読み取り可能です。

DynaEyeコンポーネントキットの機能強化

  • Microsoft® Visual C#® 2008のサポート

    開発言語として、新たに Microsoft® Visual C#® 2008 をサポートしました。これでサポートしている言語は以下となります。

    • Microsoft® Visual Basic® 6.0
    • Microsoft® Visual Basic® 2005
    • Microsoft® Visual Basic® 2008
    • Microsoft® Visual C#® 2008

  • スキャナコントロールの機能強化

    fiシリーズイメージスキャナに対して、以下の指定を行なうことができるようになりました。

    • 裏面のみ読み取り
    • インプリンタの印字方向の指定
    • 白紙スキップ
    • 自動用紙サイズ検出
    • 後端検出
    • ナンバリングIDの数字部8桁対応
    • ドロップアウトカラーのカスタムパターン指定

  • 修正画面コントロールの機能強化

    修正画面の表示時に、以下の機能を使えるようになりました。

    • ポップアップイメージのサイズ調整
    • 文字修正コントロールの半角表示
    • イメージの回転処理

活字読み取り機能の強化

活字のフォントサイズの範囲を拡大しました。英数字は 6~12ポイント、日本語は 8~10ポイントを新たにサポートしました。


知識処理の強化

活字日本語の個人辞書を用いた知識処理をサポートしました。


Windows® 7対応

Windows® 7 Professional/Enterprise/Ultimate 日本語版に対応しました。
ただし、Home Premiumおよび64ビット版Windows® 7はサポート対象外です。


住所辞書の更新

2010年3月版の住所辞書に更新しました。