1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. 暗号化ソフトウェア DocEncrypt > 
  4. 機能

機能

販売終了製品

紙文書を暗号化して利用する際の留意事項をご確認ください

1.必要な部分のみ簡単に暗号化

画面上で、簡単に秘匿したい部分を指定して暗号化

  • WordやExcelなどのアプリケーションが作成する各種文書を印刷処理(ライタ機能)の延長で暗号化
  • 文書中の秘匿する部分のみを暗号化キーを使って暗号化
  • 暗号化した文書をPDFやJPEGまたはTIFFファイルなどの電子データに保存することで、秘匿したい部分のみが暗号化された電子文書を作成
  • ScanSnapなどのスキャナから紙文書の内容を取り込んで暗号化
  • 暗号化範囲や暗号化キーの事前設定で一括暗号化



2.参照したい部分を指定して復号

画面上で、参照したい部分を指定して復号

  • 特定の人のみが復号して閲覧可能
  • ScanSnapなどのスキャナから紙文書の内容を取り込んで復号




3.テンプレート、プログラム呼び出し機能で効率化

テンプレート機能

  • 暗号化の領域および暗号化キーをテンプレートとして定義

    → テンプレートの実行機能により、マウスによる暗号化領域指定が不要となり暗号を効率化

プログラム呼び出し機能

  • アプリケーションから呼び出し可能な暗号化の外部呼び出しインターフェースを準備

    → 各種ソリューションに組込み可能




紙文書を暗号化して利用する際の留意事項をご確認ください
紙文書暗号化ソフトウェア DocEncryptに関するお問い合わせ
製品についてもっと詳しくお知りになりたい方は、下記入力フォームにてお問い合わせください。
お問い合わせ