PFUが運営するWebオンラインショップです。
全商品送料無料!

カート
NEW

HHKB吸振マット(Professional用)

成蹊大学教授の塩澤一洋氏が自ら開発したものを元に製品化!HHKBタイプ時の振動をさらに抑えるための、吸振マットです。HHKB Professionalシリーズ専用(Type-Sを含む)。(バード電子製)


HHKB吸振マット(Professional用)
型番PZ-KBKM-PRO
商品名HHKB吸振マット(Professional用)
販売価格 ¥2,500 (税抜)
(税込価格:¥2,700)
商品お届け期間 4日程度
返品条件【条件付返品可】
返品の詳細はこちら
ご注文 Amazon でご注文

※本商品は、株式会社バード電子製です。

特長

HHKBが、吸振マットでさらに快適に!

マイクロセルポリマーシートでキースイッチの振動・反発を吸収するHHKBアイソレータです。
余計な力を吸収して、キーボードのタイピングを改善。HHKBをより快適にお使いいただけます。

本商品は、キーボードの底面にはりつける吸振マットです。
長時間、打鍵されたキーボードへの衝撃を吸収し、手首、指先の負担を低減します。

成蹊大学教授の塩澤一洋氏が、自らが使用するために制作した天然ゴム素材製アブソーバーを元に材料と寸法を改良し、製品化したものが本製品です。

【ご注意】
※ キーボード底面のシリアル番号が見えなくなりますので、番号を控えてから貼り付けください。
※ 本製品は、キーボードの裏面に両面シールで貼り付けて使用致します。剥がれにくくなっておりますのでご了承ください。

接地面を大きくとるために窓は付けておりません。接地面を大きくとるために窓は付けておりません。 分厚い3mmのマイクロセルポリマーシート分厚い3mmのマイクロセルポリマーシートです。
MODEL / PART NO. / SER.NO. を控えてから貼り付けくださいMODEL / PART NO. / SER.NO. を控えてから貼り付けください。 チルターを畳んでご使用くださいチルターを畳んでご使用ください。
使用イメージ 使用イメージ

開発にあたって ~成蹊大学教授 塩澤一洋氏~

塩澤氏とHHKB吸振マット

もともと十分快適なHHKBですが、長時間タイピングを続けているともう少し剛性感を上げ、打鍵したキーの安定性を向上させたいと感じていました。HHKBの底は四隅の足でデスクに接地しているので、ほとんどのキーの直下(キーボードの底)にはデスクとの間に空間があります。できれば打鍵の衝撃を直接受け止めて、吸収する形にしたいと考えました。

そこで、天然ゴムの板をHHKBのサイズにカットし、四隅の足部分に穴を開けて敷いたら、素晴らしく快適になったのです。さらに両面テープで底に貼り付けたところ、底全体がゴム板を介してデスクに密着し、打鍵の衝撃を吸収するようになりました。

キーを打ち込んだ指の動きをきちんと受け止めてくれる安心感と安定感があります。打鍵にブレがなく、より小さい力でタイピングできるので疲労感が軽減したと感じます。極上のキータッチが、さらに上質にグレードアップする感覚です。
また、打鍵時の振動が押さえ込まれるため、打鍵音が静かになったように感じます。

塩澤氏とHHKB吸振マット

塩澤氏とHHKB吸振マット

商品化されたマットは、天然ゴム製の自作品より軽いのが何よりありがたいです。僕はHHKBを持ち歩くことが多いので、軽さは大切。
そして形状が最適化されましたし、最初から全面に両面テープが貼ってあって、貼りやすい。実は自分で作った時、両面テープを貼るのが難しかったのでした。ありがたいです!

吸振マットがあると打鍵時にHHKBがたわまないので、金属フレームのような剛性感を味わえます。
マット1枚で、HHKBのクオリティがグレードアップしますよ!!

塩澤氏によるマット制作の様子と使用イメージ
塩澤氏とHHKB吸振マット塩澤氏とHHKB吸振マット
塩澤氏とHHKB吸振マット塩澤氏とHHKB吸振マット塩澤氏とHHKB吸振マット

開発の経緯は、塩澤氏のブログで詳細をご覧いただけます。

採用した「マイクロセルポリマーシート」の特性

  • 滑らない ~高いグリップ力、表面密着性があります。
  • 反動を吸収する ~微細で均一なセルが、打鍵の反動を吸収します。
  • 静電気が起きない ~静電対策素材なので静電気が発生しません。

仕様

材料 3mmマイクロセルポリマーシート
(密度 480Kg/m3 / 25%圧縮荷重 / 0.25MPa / 圧縮残留歪 5.9%)
両面テープ付き(日東No.5000)
重量 50g
サイズ W 98 × H 288 × D 3 (mm)