PFUが運営するWebオンラインショップです。
全商品送料無料!

カート
PFUダイレクト限定販売商品セット特価

HHKB Pro BT 日本語配列 墨 吸振マット(BT用) セット

成蹊大学教授の塩澤一洋氏が自ら開発したものを元に製品化!HHKBタイプ時の振動をさらに抑えるための吸振マットと、Bluetoothに対応したHHKB Professional BT 日本語配列/墨のセットです。


HHKB Pro BT 日本語配列 墨 吸振マット(BT用) セット
HHKB Pro BT 日本語配列 墨 吸振マット(BT用) セット
HHKB Pro BT 日本語配列 墨 吸振マット(BT用) セット
HHKB Pro BT 日本語配列 墨 吸振マット(BT用) セット
HHKB Pro BT 日本語配列 墨 吸振マット(BT用) セット HHKB Pro BT 日本語配列 墨 吸振マット(BT用) セット HHKB Pro BT 日本語配列 墨 吸振マット(BT用) セット HHKB Pro BT 日本語配列 墨 吸振マット(BT用) セット
型番KB620B-KBKMBT
商品名HHKB Pro BT 日本語配列 墨 吸振マット(BT用) セット
販売価格 ¥29,500 (税抜)
(税込価格:¥31,860)
商品お届け期間 4日程度
返品条件【条件付返品可】
返品の詳細はこちら
ご注文

HHKB Professional BT 日本語配列/墨

プロフェッショナルのための最上級バージョン

HHKBの頂点に位置するProfessionalシリーズを継承したワイヤレスモデル。
HHKB伝統の英語配列、極上の使い心地をそのままに、新しいこだわりの証をすべてのプロフェッショナルへ。

ワイヤレス化による利用シーンの拡大

HHKB Professionalシリーズの極上のキータッチを継承しながら、ワイヤレス化(Bluetooth® 3.0対応)を実現。PCに加えて、スマートフォンやタブレットなどのマルチデバイスに対応しました。※1
また、マルチペアリングにより、最大4台の機器で利用可能です。

電源には、入手が容易な単3形乾電池を採用。※2
また、万一の電池切れに備えて、給電用のUSB micro-Bコネクターも装備。※3

時間と場所を選ばず、様々なシーンで極上のタイピングをお楽しみいただけます。

※1 Bluetooth®未対応のPCで使用する場合は、市販のBluetooth® USBアダプタが別途必要です。
※2 単3形アルカリ乾電池2本で約3ヵ月動作します。(当社環境でのテスト値であり、保証値ではありません)
※3 給電のみ可能です。充電やUSBの通信には対応していません。

考え抜かれた独自のキー配列とコンパクト設計

HHKBシリーズ初代モデルから守ってきた独自の合理的なキー配列によりキー数を必要最小限に抑えることで、キーピッチは標準サイズキーボードと同じ19.05mmのまま、コンパクトボディを実現しています。
ワイヤレスユニットや電池収納部の追加によるサイズや重量の増加も極力抑え、優れた携帯性を維持しています。

品質と使いやすさへのこだわりを継承

  1. 高品位キースイッチ

    キー押下時の静電容量値の変化を検出してキー入力を行う静電容量無接点方式を採用。
    キーを底まで押し込む必要がないため、軽く滑らかなタッチが実現できます。
    また、スイッチの接触がなく摩耗しないため、3,000万回以上の打鍵が可能な優れた耐久性を誇ります。

  2. 耐久性の高いキートップ印刷

    キートップの刻印に、鮮明で耐久性の高いサブリメーション(昇華)印刷方式を採用しています。
    樹脂にインクを浸透させる方式のため、長期間の使用でも刻印が剥げることがありません。

  3. 制御キーのカスタマイズ・傾き角度調整

    DIPスイッチの切り替えにより、制御キーの割当変更が可能です。
    また、キーボードの傾きを3段階に調節できます。
    お好みに合わせた設定により、使いやすさにも配慮しています。

キーボードの仕様

型名 PD-KB620B
インターフェース Bluetooth Ver3.0 Class2、Bluetooth HID 1.0 profile
無線操作距離 最大10m
機能 カスタマイズ機能(DIPスイッチにより、制御キーの一部のキー割付を変更可能)
キー数 JIS配列69キー
キー仕様 静電容量無接点方式、押下圧45g、4.0mmキーストローク、キーピッチ19.05mm
サイズ(mm) W 294 × D 120 × H 40 (キートップ上面まで)
質量 540g(電池除く)
電源 単3形乾電池 × 2本、USB口からの給電(ケーブルは付属しません)
動作時間 アルカリ乾電池使用時の目安:約3ヶ月(当社環境でのテスト値であり、保証値ではありません)
サポートOS
  • Windows Vista® SP1 以降
  • Mac OS X v10.5 以降
  • Android 4.0 以降
  • iOS 7.1 以降

    ※1 HHKB Professional BTをお使いの場合、Mac専用ドライバのインストールは必要ありません。
    ※2 iOSでは、接続キーボード配列に関わらず、英語配列キーボードとして認識されます。

※ HHKB Professional BTをお使いの場合、Mac専用ドライバのインストールは必要ありません。

HHKB吸振マット(BT用)

HHKBが、吸振マットでさらに快適に!

※本商品は、株式会社バード電子製です。

マイクロセルポリマーシートでキースイッチの振動・反発を吸収するHHKBアイソレータです。
余計な力を吸収して、キーボードのタイピングを改善。HHKBをより快適にお使いいただけます。

本商品は、キーボードの底面にはりつける吸振マットです。
長時間、打鍵されたキーボードへの衝撃を吸収し、手首、指先の負担を低減します。

成蹊大学教授の塩澤一洋氏が、自らが使用するために制作した天然ゴム素材製アブソーバーを元に材料と寸法を改良し、製品化したものが本製品です。

【ご注意】
※ キーボード底面のシリアル番号が見えなくなりますので、番号を控えてから貼り付けください。
※ 本製品は、キーボードの裏面に両面シールで貼り付けて使用致します。剥がれにくくなっておりますのでご了承ください。

接地面を大きくとるために窓は付けておりません。接地面を大きくとるために窓は付けておりません。 分厚い3mmのマイクロセルポリマーシート分厚い3mmのマイクロセルポリマーシートです。
MODEL / PART NO. / SER.NO. を控えてから貼り付けくださいMODEL / PART NO. / SER.NO. を控えてから貼り付けください。 チルターを畳んでご使用くださいチルターを畳んでご使用ください。

開発にあたって ~成蹊大学教授 塩澤一洋氏~

塩澤氏とHHKB吸振マット

もともと十分快適なHHKBですが、長時間タイピングを続けているともう少し剛性感を上げ、打鍵したキーの安定性を向上させたいと感じていました。HHKBの底は四隅の足でデスクに接地しているので、ほとんどのキーの直下(キーボードの底)にはデスクとの間に空間があります。できれば打鍵の衝撃を直接受け止めて、吸収する形にしたいと考えました。

そこで、天然ゴムの板をHHKBのサイズにカットし、四隅の足部分に穴を開けて敷いたら、素晴らしく快適になったのです。さらに両面テープで底に貼り付けたところ、底全体がゴム板を介してデスクに密着し、打鍵の衝撃を吸収するようになりました。

キーを打ち込んだ指の動きをきちんと受け止めてくれる安心感と安定感があります。打鍵にブレがなく、より小さい力でタイピングできるので疲労感が軽減したと感じます。極上のキータッチが、さらに上質にグレードアップする感覚です。
また、打鍵時の振動が押さえ込まれるため、打鍵音が静かになったように感じます。

塩澤氏とHHKB吸振マット

塩澤氏とHHKB吸振マット

商品化されたマットは、天然ゴム製の自作品より軽いのが何よりありがたいです。僕はHHKBを持ち歩くことが多いので、軽さは大切。
そして形状が最適化されましたし、最初から全面に両面テープが貼ってあって、貼りやすい。実は自分で作った時、両面テープを貼るのが難しかったのでした。ありがたいです!

吸振マットがあると打鍵時にHHKBがたわまないので、金属フレームのような剛性感を味わえます。
マット1枚で、HHKBのクオリティがグレードアップしますよ!!

塩澤氏によるマット制作の様子と使用イメージ
塩澤氏とHHKB吸振マット塩澤氏とHHKB吸振マット
塩澤氏とHHKB吸振マット塩澤氏とHHKB吸振マット塩澤氏とHHKB吸振マット

開発の経緯は、塩澤氏のブログで詳細をご覧いただけます。

採用した「マイクロセルポリマーシート」の特性

  • 滑らない ~高いグリップ力、表面密着性があります。
  • 反動を吸収する ~微細で均一なセルが、打鍵の反動を吸収します。
  • 静電気が起きない ~静電対策素材なので静電気が発生しません。

マットの仕様

材料 3mmマイクロセルポリマーシート
(密度 480Kg/m3 / 25%圧縮荷重 / 0.25MPa / 圧縮残留歪 5.9%)
両面テープ付き(日東No.5000)
重量 40g
サイズ W 74 × H 288 × D 3 (mm)