1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. CardMinder

FAQ

販売終了製品

Windows Vista® の対応について

Q1 CardMinderのWindows Vista® 日本語版 対応状況を教えてください。
A1 CardMinderのWindows Vista® 対応版の提供予定はございません。

操作中のご質問


Q1 読み取りが開始されません。
A1 次の項目を確認してください。

【ScanSnapでご使用の場合】

  • ScanSnap Driverは正しくインストールされていますか?
    ScanSnapスタートアップガイドを参照し、ScanSnap Driverを正しくインストールしてください。
  • タスクバーのScanSnapアイコンが 使用不可の状態 になっていませんか?
    その場合はScanSnapオペレーターガイドを参照し、ScanSnap Monitorのアイコンの表示が 使用可の状態 になるよう設定してください。
  • 「ScanSnap Monitor...」画面が表示されていませんか?(ユーザーズガイド 3章・手順6を参照してください。)
    「ScanSnap Monitor...」画面が表示されていると原稿の読み取りはできません。画面を閉じてください。
  • スキャナはScanSnap対応機種ですか?
    ScanSnap および TWAIN対応機種以外のスキャナはCardMinderのサポート対象外です。

【TWAINスキャナでご使用の場合】

  • スキャナ用ドライバは正しくインストールされていますか?
    スキャナの取扱説明書をご確認ください。
  • ドライバ画面が表示されたままになっていませんか?
    ドライバ画面を閉じてから読み取りを実行してください。
  • TWAINに対応したスキャナですか?
    ScanSnap および TWAIN対応機種以外のスキャナはCardMinderのサポート対象外です。

Q2 読み取った名刺の画像が画面に表示されません。
A2 名刺の裏表が逆にセットされていますか?
  • スキャナの取扱説明書を参照して、名刺を正しい向きにセットしなおしてください。

Q3 読み取った画像の名前、会社名などが正しく認識されません。
A3 次の項目を点検・確認してください。
  • 画面の文字が水平になっていますか?

    水平でない場合、ツールバーの 回転ボタン をクリックして画像の向きを修正してから、 認識実行ボタン をクリックしてください。


  • 画像の表・裏面が入れ替わってませんか?

    名前は表面に表示されます。ツールバーの 入れ替えボタン をクリックして画像の表・裏面を入れ替えてから、 認識実行ボタン をクリックします。(ボタンの機能については、1.4章を参照してください。)
    上記以外の場合は、5.1章を参照して再度読取りをおこなってください。


Q4 各項目が誤って認識されます。
A4 以下を確認してください。
  • 図形と文字が接触したり、極端に近づいていませんか?

    例図1

    このような文字はうまく認識できない場合があります。キーボードで手動修正してください。(ユーザーズガイド 5.5章を参照してください。)


  • 黒地の背景に白い文字が書かれていませんか?

    例図2

    このような文字は認識できません。キーボードで手動修正してください。(ユーザーズガイド 5.5章を参照してください。)


  • 下の例のように複数の電話番号が一緒に印刷されていませんか?

    例図3

    このような電話番号は認識できません。キーボードで手動修正してください。(ユーザーズガイド 5.5章を参照してください。)


Q5 認識する項目が画面に表示されません。
A5 以下の設定をしてください。
  1. メイン画面でメニューバーの[ツール]-[設定]を選択し、[連携項目]をクリックします。
  2. 認識・連携する項目にチェックマークを入れます。(6.2章を参照してください。)

Q6 フラットベッドスキャナに名刺を複数枚置いて、黒紙を使って名刺読み取りを行っても、全部の名刺が読み取れません。
A6 以下の項目をご確認ください。
  1. スキャナの読み取りサイズが、名刺サイズまたは、はがきサイズのように小さくなっていないか確認してください。


  2. 名刺が黒紙からはみ出していないか確認してください。


  3. 名刺が重なっていないか確認してください。


  4. スキャナで画像を拡大または縮小していないか確認してください。


    [Canoscan FB1210Uの場合の設定画面]


  5. 名刺の端から端まで濃い線が入っていないか確認してください。
    下図のように名刺の端から端に線が入っていると、 名刺の自動切り出しができません。このような名刺は、1枚ずつ読取りしてください。


Q7 フラットベッドにて複数枚の名刺を読み込むと、読み込んだ名刺が複数枚1画像になってしまいます。
A7 以下の項目をご確認ください。
  1. 黒紙を使用しない場合、名刺1枚1枚を切り出せない為、本現象に至りますので、複数枚の名刺を読み込む場合は黒紙をご使用願います。
  2. お使いのスキャナがEPSON社製であり、かつスキャナドライバが旧版(2001年10月以前)の場合、本現象となる事が確認されています。
    最新版のドライバは以下URLにてダウンロードできますので、適用をお願いします。

    http://www.i-love-epson.co.jp/download2/category/

  3. EPSON社製スキャナ以外につきましても、本現象になる場合があります。
    各スキャナメーカーのHPをご参照いただき、最新スキャナドライバでのご確認をお願いいたします。

Q8 フラットベッドにて2~3枚の名刺を読み込むと、正常に認識しません。
A8 以下の項目をご確認ください。
  1. スキャナの読み取り設定にて、はがきサイズ以下が指定されている場合、本現象に至りますので、はがきサイズより大きいサイズ(A4等)を指定して読み込みを行なってください。
  2. 黒紙を使用しない場合、名刺1枚1枚を切り出せない為、本現象に至りますので、複数枚の名刺を読み込む場合は黒紙をご使用いただき、名刺と名刺の間隔をあけてください。

Q9 添付ファイルは、名刺情報1件につき何ファイル登録できますか?
A9 名刺情報1件につき、最大100ファイル登録できます。

Q10 ALT+F3 にてCardMinder Viewerに文字列が取得できるアプリケーションはなんですか?
A10 確認済みのアプリケーションは以下となります。
  • Microsoft® Word 2000 / 2002 / 2003 日本語版
  • メモ帳(OS添付)
    Microsoft® Windows® 98SE / Microsoft® Windows® Me / Microsoft® Windows® 2000 Professional / Microsoft® Windows® XP Home Edition ServicePack1 / Microsoft® Windows® XP Professional ServicePack1各日本語版
  • ワードパッド(OS添付)
    Microsoft® Windows® 98SE / Microsoft® Windows® Me / Microsoft® Windows® 2000 Professional / Microsoft® Windows® XP Home Edition ServicePack2 / Microsoft® Windows® XP Professional ServicePack1各日本語版
  • Microsoft® Outlook 97 / 98 / 2000 / 2002 / 2003 各日本語版
  • Microsoft® Outloook Express 5.5 / 6.0 各日本語版
  • Microsoft® Internet Explorer 5.5 / 6.0 各日本語版
  • 秀丸エディタ 4.13
  • Winbiff V2.43 PL1

アプリケーションによっては、文字列が取得できない場合があります。
CardMinder Viewerを起動し(「プログラムフォルダ」-「CardMinder」-「CardMinder Viewer」をクリックしてください。)、CardMinder Viewerの検索文字列域に検索文字列を入力してください。


Q11 ショートカットキー「ALT + F3」を押してもCardMinder Viewerが起動しない。
A11 ウイルスバスター(ウイルス対策ソフト)がショートカットキー「ALT + F3」からのCardMinder Viewer起動動作をブロックしている可能性があります。
回避するには、CardMinderのインストールフォルダにある「CardLauncher.exe」をの監視対象外になるように設定してください。

例:ウイルスバスター2008の場合
  1. メインの画面を起動し、「ウイルス/スパイウェア対策」 - 「不正変更の監視」 - 「例外設定」 を選択する。
  2. 「例外設定」画面の「追加」ボタンを押す。
  3. 「CardLauncher.exe」 を選択し「開く」ボタンを押す。
    デフォルトの場合は「C:¥Program Files¥PFU¥ScanSnap¥CardMinder¥」にあります。
  4. CardLauncher.exe の処理を「許可」にし、「OK」ボタンを押す。
  5. CardMinder Veiwerを再起動する。
    1. タスクトレイにあるアイコン を右クリックし、「終了」を選択する。
    2. 「スタートメニュー」 → 「すべてのプログラム」 → 「CardMinder」 → 「CardMinder Viewer」 を選択する。


Q12 名刺情報に追加した添付ファイルを修正しても、実際のファイル(追加する元ファイル)は、変更されません。
A12 名刺情報に添付ファイルを追加した場合、追加する元ファイルをコピーしてCardMinderのデータベースに登録されます。よって、元ファイルを編集しても添付ファイルは変更されません。