1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. BIPシリーズ > 
  4. BIP Smart

動作環境

BIP Smart

動作OS

  • Windows Server® 2008 R2 Service Pack 1 以降
  • Windows Server® 2012
  • Windows Server® 2012 R2
  • Windows Server® 2016

64bit版の場合、WOW64(Windows 32-bit On Windows 64-bit)サブシステム上で、32ビットアプリケーションとして動作します。


必須ハードウェア

ディスク容量

  • BIP Smart 帳票連携 Editionのインストールフォルダ 40MB
  • オペレーティングシステムのシステムフォルダ 60MB

搭載メモリ

2Gバイト以上推奨。


関連ソフトウェア

Javaインタフェースを利用する場合、以下のいずれかのバージョンのJava実行環境(注1)が必要です。

  • Java SE 6(注2)
  • Java SE 7(注2)
  • Java SE 8
  • (注1)32ビット、および64ビットのJavaが使用できます。
  • (注2)Oracle社のJavaを利用する場合、Java SE 8を使用するようにしてください。
    (Oracle Java SE 7のアップデートリリースの無償提供は2015年4月に終了しています。)

.NETインタフェースを利用する場合、以下のソフトウェアが必要です。

  • Microsoft® .NET Framework 3.5 ServicePack1 以降


  • Microsoft、Windows、Windows Serverは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • Java は、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
  • その他の社名、製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。