1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. BIPシリーズ > 
  4. BIP Smart

帳票ソフトウェア BIP Smart

BIP Smartは、帳票への手書きやチェックがタブレット上で行え、その追記した情報をビジネスデータとして本格的に利活用できる製品です。

Smart帳票から始めるタブレットの業務活用 「BIP Smart」 の概要ページへリンクします。

”Smart帳票”とは

ビジネスデータを本格的に利活用できる次世代の帳票コンテンツです。


BIP Smartの特長

BIP Smartの特長についてご紹介します。

BIP Smart ご紹介

ご紹介ビデオを見る

ご紹介ビデオを見る

※Microsoft® Windows Media® Player の古いバージョンのものでは、ご覧いただけない場合があります。最新バージョンをダウンロードすることをお勧めします。



タブレットを紙のように利用してペーパーレス化

タブレットを使用して、帳票に手書きやチェックなどのビジネスデータを追記できます。さらに、タブレットならではの機能を使用して、写真や位置情報などを埋め込むことができ、帳票業務のペーパーレス化を実現します。

タブレットを使用して帳票業務をペーパーレス化


ビジネスデータの利活用によりビジネスをスピードアップ

帳票に追記された情報はビジネスデータとして取り出せるため、各種業務システムで利活用でき、業務の効率化だけでなくビジネスのスピードアップも図れます。

ビジネスデータの利活用により、ビジネスをスピードアップ


既存帳票をそのままSmart帳票に拡張

  • Microsoft® Office、ScanSnap、BIP、FUJITSU Software Interstage List Creatorで作成された帳票をSmart帳票に拡張し、使い慣れた帳票をタブレット化。
  • 既存システムにアドオンで導入できるので、短期間でシステム構築、低コスト導入が可能です。

使い慣れた帳票をSmart帳票に

FUJITSU Software パートナーロゴ

「BIP Smart」は、富士通株式会社の帳票設計・生成ソフトウェア
「FUJITSU Software Interstage List Creator」との連携ソリューションを提供可能とする 「FUJITSU Software パートナープログラム」の「連携パートナー」登録製品です。

TOPICS一覧へ

2017年2月28日:
macOS Sierra対応について
Smart帳票 Reader Pro for iOSの導入に必要な開発環境として、「macOS Sierra」をサポートしました。詳細は動作環境をご参照ください。
2017年1月13日:
BIP Smart V2.0L30 (iOS版)の販売を開始しました。
BIP Smart V2.0L30で追加された機能については、「BIP Smart V2.0L30 新機能ご紹介」をご参照ください。
また、「iOS 9」「iOS 10」に対応されています。詳細は動作環境をご参照ください。
2016年12月22日:
Windows Server® 2016 対応について
BIP Smart は「Windows Server® 2016」に対応されています。詳細は動作環境をご参照ください。
2016年10月31日:
BIP Smart V2.0L30 の販売を開始しました。
BIP Smart V2.0L30で追加された機能については、「BIP Smart V2.0L30 新機能ご紹介」をご参照ください。

  • Microsoft、Windows、Windows Server、Excel は、米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • その他の社名、製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。