1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. BIPシリーズ > 
  4. BIP > 
  5. サポート > 
  6. 重要なお知らせ

Windows 8以降、Windows Server 2012以降でのBIPの動作について

作成: 2012年10月26日
更新: 2017年  1月13日

本ページではオペレーティングシステムを以下のように表記しています。

オペレーティングシステム 本ページでの表記
Windows® 8
Windows® 8 Pro
Windows® 8 Enterprise
Windows® 8.1
Windows® 8.1 Pro
Windows® 8.1 Enterprise
Windows 8
Windows® 10 Pro
Windows® 10 Enterprise
Windows 10
Microsoft® Windows Server® 2012 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2012 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 Essentials
Microsoft® Windows Server® 2012 Foundation
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Standard
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Essentials
Microsoft® Windows Server® 2012 R2 Foundation
Windows Server 2012
Microsoft® Windows Server® 2016 Datacenter
Microsoft® Windows Server® 2016 Standard
Microsoft® Windows Server® 2016 Essentials
Windows Server 2016

Windows 8以降、Windows Server 2012以降でのBIPの動作に関し、ご注意いただきたい事項についてお知らせいたします。お手数ではございますが、必要に応じて対処のほどよろしくお願い申しあげます。

1. 対象製品

対象となるBIPと動作OSは以下のとおりです。

BIP (注1) 動作OS
Windows 8、Windows 10 Windows Server 2012、Windows Server 2016
BIP 10 デザイナ 対象 対象
BIP 10 ランタイム 対象
BIP 10 Standard Edition 対象
BIP 10 Professional Edition 対象 (注2) 対象
  • (注1)BIP 10.1.0より古いバージョンのBIPについては、Windows 8以降およびWindows Server 2012以降での動作を保証しておりません。
  • (注2)Web手元印刷のクライアントのみ

2. BIPの動作について

BIPのWindows 8以降、Windows Server 2012以降での動作について、以下にご説明します。

  • BIPはデスクトップアプリとして動作します。


  • BIPの全ての帳票出力インタフェースはWindows Storeアプリからの呼び出しをサポートしません。デスクトップアプリを使用してください。


  • 初期状態では、PDFファイルはWindows Readerに関連付けされています。BIPが生成するPDFについて、万が一、Windows Readerで正しく表示されない場合は、Adobe Readerにてご確認ください。


  • Microsoft Edgeは未サポートです。Microsoft EdgeではWebプラグインを使用することができません。


  • クエリ機能はサポートしません。ご使用になりたいお客様はBIPお客様窓口までご相談ください。


  • 文書管理ソフトウェアとBIPを同一のWindows Server 2008 R2以降のOS上で利用することはできません。


3. スタートメニューのユーザインタフェース変更について

Windows 8、Windows Server 2012では、[スタート]メニューがスタート画面に置き換えられています。従来のWindowsで[スタート]メニューから行っていた操作は、Windows 8、Windows Server 2012では以下の説明に従い操作してください。

  • BIPの各アプリケーションを起動する際は、スタート画面のタイルから行ってください。BIPをインストールしたユーザ以外のユーザがBIPの各アプリケーションを起動する場合は、[すべてのアプリ]からアプリケーションを選択し、起動してください。(注1)


  • オンラインマニュアルはスタート画面から以下の方法で参照してください。
    [スタート画面]-[すべてのアプリ]-[BIP]-参照したいオンラインマニュアル


  • (注1)従来のWindowsスタートメニューでは各アプリケーションはそれぞれBIPフォルダ、もしくはBIP Webプラグインフォルダ配下に表示されますが、Windows 8、Windows Server 2012では、スタート画面に全てのアプリケーションが表示されます。

4. お問い合わせ先

本件に関するお問合せは、以下までお願いいたします。