1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. BIPシリーズ > 
  4. BIP

バージョンアップについて

BIP32 for WindowsV3.0およびV4.0/V5.0/V6.0/V7.0の各製品からBIP10へバージョンアップされる場合の留意事項についてお知らせいたします。

既存資産を移行する場合の留意事項

  V3.0からBIP10への移行 V4.0からBIP10への移行 V5.0/V6.0/V7.0からBIP10への移行
帳票資源の移行について BIPFORMで作成した帳票資源(拡張子が.SMDの帳票定義体および拡張子が.OVDのオーバレイ定義体)は、BIP10では使用することができませんので、帳票資源は新たに作成する必要があります。
  • BIPFORMで作成した帳票資源(拡張子が.SMDの帳票定義体および拡張子が.OVDのオーバレイ定義体)は、BIP10では使用することができませんので、帳票資源は新たに作成する必要があります。
  • BIPFORM2で作成した帳票定義体(拡張子が.WMDの帳票定義体および拡張子が.OVDのオーバレイ定義体)は、BIP10でそのまま使用することはできません。BIP10で読み込んで格納しなおす必要があります。
V5.0/V6.0/V7.0用に作成した帳票資源は、BIP10において、そのまま使用できます。
コマンド名・カスタムコントロール名について 使用するコマンド名やカスタムコントロール名などが異なります。 カスタムコントロールは貼り付けなおす必要があります。
コマンド名は従来の名前も使えますが、新しい機能を使う場合は異なります。
Webコントロール、Webドキュメントについて WebコントロールやWebドキュメントはご利用できませんので、Webプラグインをご利用ください。

その他留意事項

  • BIP V5.0以降ではUNIX→Windowsのサーバ間連携ができません。
  • BIP V5.0以降では、UNIX向けの帳票資源(拡張子が.SMDの帳票定義体および拡張子が.OVDのオーバレイ定義体)を作成することはできません。