1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. BIPシリーズ > 
  4. BIP

運用パターン

BIP は、帳票設計から帳票出力、および帳票保守までの一連の作業をトータルにサポートし、簡単に帳票出力システムを構築・運用することができます。
設計した帳票は、BIP が提供する各種インタフェースを利用して帳票出力します。
以下に、BIP を利用した帳票出力システムにおける各サーバの役割、および運用パターンをご紹介します。

スタンドアロン型
リモート帳票出力型
Web型
フォルダ監視型
シトリックス環境での印刷

スタンドアロン型

クライアントと帳票出力サーバを同一コンピュータで運用する形態です。

要件

  • クライアントのアプリケーションから印刷ロジックを切り離し、手軽に印刷を行いたい。
  • サーバで手軽にバッチ印刷を行いたい。

BIPなら

  • 印刷はCSV、テキストデータをBIPに渡すのみ。
  • プリンタに帳票を出力するだけでなく、PDFファイルに変換して保存したり、Excelファイルで出力したりすることもできます。
  • 文書管理ソフトウェアへ帳票を登録できます。

(1) 帳票の出力データとしてCSVデータファイルを生成
(2) BIPにCSVデータファイル、帳票レイアウト情報、出力方法を指定
(3) BIPがプリンタ、PDF・Excel、文書管理ソフトウェアへ出力

※ PDF・Excel出力および文書管理ソフトウェアへの登録を行うにはProfessional Editionが必要です。

リモート帳票出力型

クライアントと帳票出力サーバを異なるコンピュータで運用する形態です。

要件

  • 複数のクライアントから一ヶ所の帳票出力サーバへ出力を行いたい。
  • アプリケーションサーバから帳票出力サーバへ出力を行いたい。

BIPなら

  • 印刷プログラムや連携ソフトウェアを開発することなく、サーバ印刷環境を構築できます。
  • 印刷に必要なイメージファイルなどの印刷資源の転送はBIPが行います。
  • 低速なネットワーク回線でも効率よく圧縮転送し、印刷業務をスムーズに運用できます。

(1) アプリが生成したCSVデータファイルと帳票レイアウト情報を指定して帳票出力を実行
(2) BIPがファイルを圧縮して帳票出力サーバに転送
(3) 帳票出力サーバで受信したデータを出力

※ PDF・Excel出力および文書管理ソフトウェアへの登録を行うにはProfessional Editionが必要です。

Web型

サーバに管理されている印刷データおよび帳票のレイアウト情報を使用して、Webブラウザから帳票を出力します。帳票の資源はサーバで一元管理し、印刷処理はWebクライアント側で行います。

要件

  • Webブラウザから帳票出力を行いたい。
  • Webシステムで電子化した帳票(PDF)を保管したい。
  • Webシステムで電子化した帳票(Excel)を配布し、現場で自由にカスタマイズしたい。

BIPなら

  • BIPプラグインを利用し、低速な回線でもストレスなく運用できます。
  • BIPプラグインでは、クライアントのプリンタに合わせた設定で印刷が行えます。
  • PDFやExcelの出力もパラメタを変更するだけで行うことができます。

(1) Webサーバ経由でアプリケーションを実行
(2) BIPに帳票CSVデータファイルと出力形式(PDF/Excel/OWF)を指定して帳票出力
(3) PDFやExcel、OWFファイルを出力
(4) アプリケーションがPDFやExcel、OWFファイルをWebサーバへ転送
(5) Webサーバ経由でファイルのURLを通知
(6) プラグインで帳票を参照・印刷

※ 「OWFファイル」は、独自フォーマットのファイルです。

フォルダ監視型

データファイルを帳票出力サーバの特定フォルダに配置し、非同期で帳票を出力する運用です。

要件

  • 非同期で、手軽に帳票出力を行いたい。
  • 既存システムのデータを使い、手軽に帳票出力を行いたい。

BIPなら

  • データファイルをBIPの監視フォルダに入れるだけで帳票の出力が行えます。

(1) CSVデータファイルをBIPの監視フォルダに転送
(2) BIPがCSVデータファイルを検知
(3) 帳票レイアウト情報と重ね合わせ、自動的に帳票出力

シトリックス環境での印刷

Citrix Presentation Server環境で、クライアントでの印刷を行う運用です。

要件

  • シトリックス環境で安定した印刷を行いたい。

デルバイ for Citrix Presentation Serverなら ※

  • クライアントでの大量印刷を可能とし、サーバから印刷処理を排除します。

※デルバイは、印刷エンジンとしてBIPを採用しています。

デルバイfor Citrix Presentation Serverの詳細はこちら!

株式会社ピー・ビーシステムズのサイトでご覧ください。