1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. BIPシリーズ > 
  4. BIP

帳票設計機能

帳票設計では、BIPデザイナを使用して帳票出力業務で使用する帳票レイアウトを作成します。日本特有の複雑な帳票も、簡単に・早く・きれいに作成することが可能です。

売上一覧表のような大量のデータを集計した帳票や、宛名ラベルのような多様な帳票のレイアウトをプログラムで設計するには多大な工数を必要とします。BIP の帳票設計機能を使用すると、多種多様なレイアウトの帳票を簡単に作成できます。

BIPデザイナ

BIP デザイナには、以下の機能が用意されています。

インテリジェントデザイン機能

従来は、帳票の罫線、データベースや入力画面から得られるデータを出力する項目、その見出しなどを、一つ一つ定義していました。また、帳票の出力結果を確認するために、テスト用のデータを別途作成する必要がありました。インテリジェントデザイン機能は、イメージ化した既存帳票からすべての項目およびテストデータを自動生成します。

インテリジェントデザイン機能のイメージは、以下の紹介ビデオにてご覧いただくことができます。

ナビゲーションバー

帳票設計手順をナビゲートする「帳票ナビ」は、作業単位に分類されたツールバーであり、メニューです。帳票設計の一連の流れを視覚的に表示し、流れに基づいてクリックするだけで初心者でもスムーズに帳票を設計できます。

任意間隔グリッド機能

帳票設計のグリッド機能の強化により、ひとつひとつのグリッド間隔が自由に設定できるようになりました。
Excelファイル出力時には、設定された任意間隔のグリッド情報が反映されます。

出力データの簡単設定


拡大する

レイアウト情報と出力データの関連付けは帳票様式定義の“データ定義”にて行えます。 出力データに関係するさまざまな定義はGUIから設定できます。

ワープロ感覚の帳票設計


拡大する

帳票レイアウトの設定には特別な言語などを習得する必要がまったくありません。付属のユーティリティである帳票様式定義画面のGUIによって、誰にでも簡単に帳票の設計ができます。また、柔軟な文字配列、多彩な図形、インチ/ミリ/ドット単位に対応した自由なレイアウトで、よりきめ細やかな帳票デザインが作成できます。

豊富な帳票形式

帳票のタイプや機能別に分類した帳票形式を選択することで多彩な帳票に対応できます。
伝票やラベルなどの単純な定型帳票だけでなく、集計表・明細表などの高度な帳票までプログラムレスで作成できます。

帳票の出力例は、以下でご覧いただくことができます。

高い保守性


拡大する

帳票の出力様式の変更は、帳票様式定義で帳票定義体を修正するだけです。また、帳票の管理は一覧画面で一括管理をすることができます。システムの帳票を一覧できるだけでなく、必要な帳票のみ選択して属性を容易に変更できます。また、帳票レイアウトの仕様書を作成することもできます。

豊富なバーコード種


拡大する

全25種類もの豊富なバーコード種に対応します。

  • 対応バーコード種
    JANコード 標準バージョン、JANコード 短縮バージョン、Code 3 of 9(Code39)、Code 3 of 9(EIAJ準拠)、Industrial 2 of 5、Interleaved 2 of 5(ITF)、Codebar(NW-7)、カスタマバーコード、CODE128、UCC/EAN-128、UCC/EAN-128(料金代理収納システム)、UPC バージョンA(UPC-A)、UPC バージョンE(UPC-E)、EAN-13、U.S. POSTNET(Delivery Point Code)、U.S. POSTNET(ZIP+4 Code)、U.S. POSTNET(5-Digit ZIP Code)、QR Code(モデル 1)、QR Code(モデル 2)、QR Code(マイクロQRコード)、PDF417、MaxiCode、FIM A(U.S. Postal FIM)、FIM B(U.S. Postal FIM)、FIM C(U.S. Postal FIM)