1. ホーム > 
  2. 製品 > 
  3. BIPシリーズ > 
  4. BIP

導入効果

BIP導入による効果を説明します。

開発効率を50%向上

BIPでは、既存の帳票を有効活用して帳票レイアウト情報を作成するため、帳票の設計効率を従来比50%向上することができます。

  • OCR認識技術を利用したインテリジェントデザイン機能で既存の紙帳票を取り込むことにより、罫線はもちろんデータを出力する項目を自動的に生成します。またExcelやWordで作成した帳票をBIPのドライバに出力して、レイアウト情報を取り込むこともできます。
  • 取り込んだ帳票はGUIで手早く微調整でき、作成したレイアウトをプレビュー機能で簡単に確認できます。プレビュー機能ではデータの雛型を自動生成するため、実際の帳票出力イメージをすぐに確認できます。
  • 作成した帳票レイアウトの仕様書を仕様印刷機能で簡単に作成できます。
  • 帳票のレイアウトを新規に作成する場合も、帳票作成を支援するナビゲーションバー豊富な帳票テンプレートを利用して効率的に作成できます。

これらすべての機能は、BIP デザイナを購入するだけで利用できます。

文書管理ソフトウェアへの登録でコスト削減・効率アップ

BIPの文書管理ソフトウェア連携では、データから抽出した情報により登録先の振り分けや文書への検索キーワードの付与を行うこともできます。また、登録する文書の改版や関連する文書の紐付けも行うことができます。

BIPでは、帳票の出力から文書管理ソフトウェアへの登録までを自動的に行うため、登録作業の軽減だけでなく、人為的なミスをなくします。また登録された帳票の検索性が高まり、業務の効率を向上することができます。

メリット

  • これまで紙に印刷して発送していた伝票を電子化/共有することにより・・・・
    印刷コストの削減! 発送の手間もカット!
  • 登録した帳票には、検索をするための情報が付与されているので・・・・
    検索の時間が短縮!

PDF・Excel帳票で業務やサービスの質を向上

BIPが出力するPDF、Excel帳票で業務の適用範囲が広がります。

  • PDFへのセキュリティ設定の組み合わせで利用シーンを拡大

    BIPではセキュアなPDFを出力します。PDFにURLや期間による閲覧制限、印刷・編集・コピーの許可、パスワード設定を簡単に行うことができます。これらのセキュリティ設定を組み合わせることで業務やサービスに合わせた運用が可能となります。

  • Excel帳票で自由にカスタマイズ

    BIPのExcelファイル出力は、罫線の出力はもちろんセルへの文字属性や表示形式もレイアウト情報から引き継ぎます。帳票のレイアウトを損なわないため、お客様指定の帳票へ簡単にカスタマイズすることができます。

    また、印刷時には複数ページに分かれて出力される帳票をExcelシート1つに連続して出力することができるため、データの再集計や分析を容易に行うことができます。