1. ホーム > 
  2. ソリューション&サービス > 
  3. Adobe Experience Manager Forms > 
  4. ドキュメントセキュリティシステム

ドキュメントセキュリティシステム

外部へ配布した文書をセキュアに管理し、情報漏えいによる企業の経営危機を
未然に防止

近年の情報セキュリティ脅威の多様化・増加に伴って、企業活動への影響へのリスクが高まっています。

PFUのドキュメントセキュリティシステムは、配布後の電子文書を暗号化してセキュリティをコントロールできます。無料で広く普及しているAdobe Acrobat Readerをビューアとして使用できるため、社内だけではなく社外とも安全に文書を共有することができます。


ご利用イメージ例

導入前の課題

  • 取引先から情報漏えいが発生してしまった。
  • 契約解消後に機密文書が閲覧されてしまう。
  • クラウドサービスに文書を保管したいが、流出しないか不安。

導入後の効果

  • 暗号化された文書は許可されたユーザだけが閲覧できるので、取引先からの不適切な利用による情報漏えいを未然に防ぎます。
  • 有効期間の設定ができるため、契約解消後の機密文書の閲覧を停止できます。
  • ドキュメント自体が暗号化されているので、文書がどこに保存されても、どのように配布されても安心です。

特長

  • Adobe社のDRM(Digital Rights Management)製品
    Adobe社のAdobe Experience Manager Forms Document Securityにより、文書に対して誰がどのように使用するかを制御、追跡、把握できるようになります。
  • 利用者や管理者に負担がかからない
    無償で配布されているAdobe Acrobat Readerを利用できるので、利用者や管理者に負担をかけません。
  • マルチデバイスに対応
    デスクトップデバイスだけでなく、タブレットやスマートフォンでも暗号化された文書を安全に閲覧することができます。
  • 多彩なセキュリティ設定
    閲覧認証、印刷禁止、オフライン閲覧禁止、有効期限、編集禁止、コピー&sペースト禁止、電子透かし
Adobe Experience Manager Formsに関するお問い合わせ
Adobe Experience Manager Formsに関するお問い合わせは、以下のお問い合わせフォームをご利用ください。
お問い合わせ
  • Adobe、Adobe AIR、Adobe LiveCycle、Adobe Experience Manager、Adobe PDFロゴ、およびFlashは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。

  • その他すべての商標は、それぞれの権利帰属者の所有物です。