1. ホーム > 
  2. PFUについて > 
  3. 会社情報 > 
  4. PFUの技術 > 
  5. 技術情報誌:PFU TECHNICAL REVIEW 46号

技術情報誌:PFU TECHNICAL REVIEW 46号

技術情報誌『PFU TECHNICAL REVIEW』では、PFUの技術開発の成果をご紹介しています。
※冊子体の販売は行っておりませんのでご了承ください。


2014年1月号(Vol.25、No.1 通巻46号)

表紙画像

PDF形式ファイルの閲覧


以降の記事名をクリックすると、Adobe® Reader®により記事詳細が閲覧できます。


挨拶

スマートデバイスの業務利用に向けたPFU の取組み

辻 正信


特集論文

パーソナルドキュメントスキャナ ScanSnap シリーズのスマートデバイス連携機能

藤井良浩・宮川 修・藤塚誠弘・松井隆一郎・岩峯和之・宮下和也
スマートデバイスの普及に伴い、PFU は、パーソナルドキュメントスキャナScanSnap シリーズのスマートデバイスとの連携機能を開発・強化し、お客様の電子文書の利用シーンの拡大を図ってきた。


タブレットに対応した「次世代帳票ソフトウェア BIP Smart」

名内昭文・道場 郷・萩沢章一
新しい帳票コンテンツ形式である「Smart 帳票®」により、タブレット上で帳票を活用できる次世代帳票ソフトウェア「BIP Smart」を開発した。帳票とタブレットを組み合わせることで、今まで紙で行われていた帳票業務をIT 化し、お客様のワークスタイル変革を目指す。


BYOD のセキュリティ対策「iNetSec Smart Finder」

吉岡直人・加藤康人・濱野登志邦
近年、個人所有のスマートデバイスを業務利用させるBYOD(Bring Your Own Device)導入への要求が高まっているが、BYOD 特有のセキュリティ課題への対策が未整備であり導入が進んでいない。PFU のネットワークアプライアンス「iNetSec Smart Finder」は、社内ネットワークへ接続するBYOD 端末に対しパソコン同様、企業のセキュリティポリシーを遵守させ、企業内ネットワークでの安全なスマートデバイス利用を実現した。


業務用スマートデバイスアプリケーションのお客様視点での社内実践

小坂茂樹・葛原准子・小山紀美・村山秀和・大平真生
近年、出現したスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスは、個人利用が先行し、業務利用では、どのような形態のアプリケーションが有益かの解が、まだ確立されていない。そこで、PFU アプリケーションズで業務用に開発したスマートデバイスアプリケーションをPFU グループ内の業務で利用して、その使用状況を分析することで、より使いやすく、業務に役立つスマートデバイスアプリケーションに進化させるように取り組んだ。この社内実践の成果を今後のお客様商談での提案に有効に活かして、スマートデバイスが業務利用でも有益なことの一つの証とするとともに、ひいては社会全体のICT 進化に貢献することを目指している。

一般論文

新聞・本などがそのままスキャンできるScanSnap SV600

北川康彦・南山政徳・北川光一・小坂清人・呉藤弘康
パーソナルドキュメントスキャナScanSnap シリーズ「ScanSnap SV600」は新しい撮像形態のスキャナである。従来のScanSnap シリーズのシートフィードタイプとは異なり、原稿上部から撮像する方式を採用した。従来、読取り前に裁断などの手間が必要であった本や新聞などの原稿を、そのままの状態で読取ることができる。お客様がお持ちの本や新聞、雑誌などの書類を簡単に電子データ化することで、お客様の利用シーンの拡大が期待される。本稿では、新しい読取り方式を実現するために開発した技術とお客様により便利に使っていただくための機能、また、それらの開発における取り組みや工夫について述べる。


第3世代インテル® Core™ プロセッサ搭載の小型組込みコンピュータAR2000 モデル430H

岡田 恭・前山咲子・森 耕祐・森川博充・野村隆弘・罍 貴頼・南雲民男
AR2000 シリーズは組込み市場向けの小型コンピュータである。今般、シリーズの最新機種となるモデル430H を開発した。第3 世代インテル Core プロセッサによる処理性能向上だけでなく、USB3.0 やCFast 採用による大幅なデータ転送性能向上を実現している。


多様化するアプリケーションを可視化する、IPCOM のビジュアライザ機能

中臣国雄・阿久津 寛・上山敬和・平池昌浩・田所真弥子
IPCOM EX シリーズは、健全で安全なネットワークを実現するため、セキュリティ機能やサーバ及びネットワークを最適化する機能を統合したネットワークアプライアンスである。近年のアプリケーションの多様化に伴い、複雑化するネットワーク環境を最適な状態に維持・管理するためビジュアライザ機能を開発した。本稿では、このビジュアライザ機能を利用したネットワーク環境の最適化について説明する。